電気を追跡する・7

さっきの鉄塔から、さらにもう一つ変電所をはさんで、ついに発電所まで辿りついた。

家の小さなコンセントに来ている100Vの電気が、こういう巨大な施設で炎をガンガン燃やして作られていると思うと、わりあい感慨深い気がする。

というわけで、施設の中を見学させていただくことができたのだけど、保安上の理由で施設の内部や近景は撮影禁止、唯一入口のでんこちゃん人形の記念撮影だけお許し頂いた。

ここは火力発電所なので、当然炎を燃やして電気を作るのだけど、ここの場合は、天然ガスを燃やしてジェットエンジンのような仕組みで羽根車(タービン)を回し、余った熱で水を沸騰させて、その蒸気圧でさらにタービンを回す、という二段構えになっているらしい。

タービンは発電機にくっついていて、発電機が回ると電気が作られる仕組みは「自転車のライトと同じ原理なんですよ~、ただ大きいだけで」とのこと。ただしその回転数は1秒間に50回なので、競輪選手でもちょっと無理っぽい。

火力発電は日本全体の発電量の約6割を担う主力の発電方式で、たとえばこの発電所で燃料として使っている天然ガスはあと60年以上は採掘することができる見込みらしい。

とはいえ、採れなくなったら60年後にまた考えればいいやという訳にもいかないらしく、太陽光や風力、生ゴミなどを使った新しいエネルギーの研究開発が日々進んでいる。

そういう新エネルギーが火力や原子力を含む全体のエネルギーに占める割合は、2002年の実績が1.3%、2010年の実績値が1.1%、ということで、どうも地道にやっていくしかないみたい。

というわけで発電所に別れを告げ、江古田のお家までキコキコと自転車で帰るのでありました。

電気を追跡する・6

新京葉変電所からつづく鉄塔北千葉線を南下して、途中で枝分かれした千葉中央線を西に入ったところで、何やら灰色のマントに身を包まれた鉄塔に行き当たった。

付近で休憩をされていた関係者の方にお伺いしたところ、今ちょうどペンキを塗りなおしている最中とのこと。

こういう作業をする場合はもちろん送電をとめるのだけど、いきなり全部の電気を止めるわけにはいかないので、今回は鉄塔の右半分だけの電気を止めて、そちら側だけ作業をするらしい。

ちなみに、鉄塔の上部に上るためには、4本の鉄塔の足にヒゲのように生えたハシゴを登っていくそうで、想像するだけで怖い。しかも親方曰く「昔は命綱なんか使わなかったがねぇ」とのこと。職人ってすごい。

電気を追跡する・5

江東線の1号鉄塔をたずねて、千葉県白井市の新京葉変電所にやってきた。


新京葉変電所はさっきの江東変電所よりもさらに大きな施設で、広い敷地の中に鉄塔や変圧器がいっぱい並んでいて、いかにも変電所という感じがする。この中はいったいどんな風になっているんだろう。

と思っていたら、幸いにもお隣の新野田変電所の見学をさせて頂けることになった。早速お伺いしたところ、何と所長みずからご説明してくださるとのこと。きょきょ恐縮です・・。

お話によると、新野田変電所や新京葉変電所は超々高圧変電所といって、発電所からやってきた50万V(または27.5万V)の電気を27.5万V(または15.4万V、6.6万V)の電圧に下げて下流に渡しているとのこと。

発電所から来た電気は、最初にこの大きなスイッチ(断路器、遮断機)を通る。

電圧を下げるための変圧器を通って、反対側のスイッチから下流側に抜けるようになっている。

スイッチは普段はオンになっていて電気が流れるようになっているのだけど、設備のメンテナンスをする時や、雷などで事故が起きた際にはオフになって、電気を流さないようにするらしい。

というわけで、新野田変電所の所長とみなさんにお礼を申し上げて、次は新京葉変電所から南へ向かうことにする。

電気を追跡する・4

次にやって来たのは、さっきの変電所よりも一回り大きな江東変電所。

ここから先は、鉄塔に支えられた送電線がずっと続いていくみたい。

真ん中の灰色の鉄塔の根元には、「江東線90」と書かれたプレートが貼られていた。江東線というのはこの鉄塔を含む一連の送電線路につけられた名前らしく、この鉄塔はその中で90番目ということになるのだろう。

送電線はここから荒川を越えて東へと延びていく。

このずっと向こうのどこかに、江東線の1番目の鉄塔があるに違いない。

というわけで、行ってみる。

電気を追跡する・3

というわけで、キコキコと自転車をこいで、最寄りの変電所にやってきた。

ここより上流では、更に高い電圧(2万2千Vから15万4千V)の電気が流れていて、この変電所では、その電圧を配電のための6600Vに落としているらしい。

左側の写真では施設内の様子が良く見えないので、別の場所で撮影した写真がこちら。

このごつい機械(変圧器)で上流からの電圧を下流向けに低くしているらしい。

機械のまわりに生えているイガイガは放熱のための板で、中に入っている絶縁用の油が140℃ほどで引火してしまうので、温度が上がらないようにがんばって冷やしているとのこと。

ちなみに前のページのドラム管(柱上変圧器)にもやっぱり同じようなイガイガが生えているのが分かる。

電気を追跡する・2

アパートの引込線のつながっている最初の電柱がこれ。

よく見ると、横から来た引込線は真ん中の灰色のドラム管みたいなものにまずつながって、そこから電柱の一番てっぺんに見える3本の電線に続いている。

てっぺんの3本の線は、この先から来た高圧(6600V)の電気を伝える線で、高圧配電線というらしい。引込線から先は、僕たちが普段使っている100Vの電気が流れているから、あのドラム管は上流の高い電圧を家庭用に低く変換してくれる機械ということになる。

てっぺんの高圧配電線を辿っていって行き着いたのがこの電柱だ。

この電柱より向こう側には、空中を通る配電線がなくて、その代わりに電柱にまとわりついた黒いケーブルが地中に引き込まれている。

ここから先は、電気はケーブルを伝わって地中を通っていくことになるみたい・・だけど次はどこで地上に出るんだろう。

電気を追跡する

以前に一度だけ、家の電気を止められてしまったことがあって、一晩中、明かりもつかなければお風呂にも入れなくて本当に不便だったのを覚えている。

よく言われることだけど、電気のように普段当たり前にあるものは、無くなって初めてそのありがたみが分かるなあ・・と、冷蔵庫の音すらしない真っ暗な部屋の中で思った。

というわけで今回は、電気が僕の家までやってくる道を逆に辿ってみることにしよう。

上の写真が我が家のコンセントで、洗濯機の電源を差してあるので黄色い線(アース)が引いてある。

外に出てアパートの周りを見てみると、壁面から電気のケーブルが生えているところがあった。

 

ここに住んでいるみんなの分の電気は、このケーブル(引込線というらしい)を通ってすぐ目の前の電線からやって来ることになるのだろう。

神田川をボートで遡る・7

よしきり橋付近

よしきり橋付近

いよいよ井の頭公園付近までやってきた。

このあたりは、神田川で唯一護岸が設置されていない場所で、子供たちが川に下りて遊んでいる姿を見ることができる。
小学生くらいの男の子二人が網で川底を探っていたので、何が採れるのか聞いてみたところ、

「別に何も取れないけど、たまにザリガニがいる。あとはアメンボくらい。」

と、割とつれない返事が返ってきた。

ここに来る道すがらでは、川にコイやカモが泳いでいるのを見かけたけれども、去年10月の新宿区の調査では、ドジョウやメダカ、ボラなども見つかっているらしい。ただし、神田川には所々にちょっとした堰があるので、そうした魚はなかなか上流まで来られないのかも知れない。

湧水地点
そしてついに水源の湧水の地点を見つけることができた。
真ん中の石に囲まれたところから、水が溢れ出している。

近くの立て札の説明によると、この湧水はお茶の水と呼ばれ、
かつては水がこんこんと湧き出していた、と書かれている。

かつては、という割には今でもこんこんと湧き出ているように見えるなあと思って公園の関係者の方にお話を伺ってみると、井の頭公園の湧水は、30年ほど前から実はほとんど涸れていて、現在ではポンプで井戸水を汲み上げているとのことだった。

その方に場所を教えていただいて、公園内に何箇所かあるポンプ小屋の一つのところまでやってきた。

ポンプ小屋
小屋には何の看板も説明もないので、ここでポンプを動かしているということは見ただけではまず分からないけれども、近づくとかすかに何かの機械が動作している高い連続音が聞こえてくる。
地下から汲み上げられた水は、小屋の左側の側面に見える管から地下の水道管に入り、先ほどの地点まで運ばれるのだろうと思う。

落合の水処理場から神田川の9割の水が流れ出ていて、残りの1割だと思っていた水源の水も、実はポンプによって汲み上げられていたことにちょっとびっくりしつつ、その方へのお礼を申し上げ、キコキコと自転車を鳴らしてお家に帰るのでありました。

神田川をボートで遡る・6

落合処理場

落合処理場

高田馬場から落合に入ったあたりで、正面に大きな下水処理場が見えてくる。
神田川に隣接しているということは、ここで処理された水は、神田川に放水されているのだろう。
というわけで、処理場にお邪魔して担当の方にお話をお伺いさせて頂いた。

ここでは、主に新宿区と中野区の下水を処理して、神田川や目黒川に放水しているとのこと。

曝気槽

下水をきれいにする処理の要点は、水を砂に通してろ過することと、汚れを微生物に食べてもらうことらしい。
こちらは、曝気槽での処理に続けてろ過を行い、さらに逆浸透膜という仕組みで水をきれいにしたもの。

膜ろ過水

ほとんど飲めそうに見えるけど、上水道の水質基準はすごく厳しいので、飲み水として使うのはとてもじゃないけど無理とのこと。

 

こうやって処理された水は主に神田川に流されるのだけど、その量は下流の水全体の90%にあたるらしい。今までボートで一生懸命漕いで来た川の水の大部分は、実はこの処理場から来たものだったとは、ちょっとびっくり。

神田川をボートで遡る・5

小石川橋付近

小石川橋付近

日本橋川から神田川に戻り、飯田橋方面に進んで行く。

右手にまた分水路の入口が見える。ということは、さっき水道橋で中を覗いた分水路の出口は、ここのちょっと手前ということになる。

ここから先は、飯田橋を経て江戸川橋を過ぎるあたりまで、神田川の上にも首都高が伸びている。都内の高速道路はしばしば川の上に作られるけれども、こうやって実際に川の上を漕いでみると、なんとなく蓋をされて閉じ込められている気分になる。やっぱり都会の川だなあと思う。

飯田橋の真下

これは飯田橋の真下を東から西に向かって見たもの。この先は川が皇居のお堀まで続いているらしい。

そしてこちらは、江戸川橋付近の神田川の様子。

江戸川橋
橋のすぐ下に白く水しぶきが上がっているけれども、ここは実はちょっとした段差になっていて、水深も浅く、ここから先は残念ながらボートで進むことができない。

ここは大洗堰といって、江戸時代はここから生活用水を取っていたらしい。
そのせいか、この辺りの電柱の表示住所に水道端や水道町と書かれているのを見かけたことがある。

というわけで、残念だけどもボートを降りて、ここから先は自転車でキコキコと水源を目指すことにしよう。